11日、愛知県豊田市の不燃物処分場で、分別作業中の金属ごみの中から、現金1127万円分の紙幣が見つかりました。

 現金が見つかったのは、豊田市藤岡飯野町にある豊田市の不燃物処分場、「グリーン・クリーンふじの丘」です。

 11日午後3時30分頃、豊田市の職員が金属ごみと可燃ごみを分別する作業を行っていたところ、中から紙幣を見つけました。

 発見された紙幣は合わせて1127万円で、豊田市は、拾得物として豊田警察署に届け出たということです。

 警察が、現金が処分場に持ち込まれた経緯などについて、詳しく調ベることにしています。