ことし4月、愛知県東海市の住宅に忍び込み、現金1億円あまりを盗んだとして逮捕された39歳の男性ら3人について、名古屋地方検察庁は不起訴処分としました。

 愛知県知多市に住む39歳の男性ら3人は、去年11月15日の未明、東海市に住む会社役員の77歳の男性の住宅に侵入し、現金およそ1億630万円と、腕時計など54点およそ434万円相当を盗んだ窃盗などの疑いで警察に逮捕されました。

 警察は逮捕時の認否を明らかにしておらず、名古屋地検は6月30日付で3人を不起訴処分としました。

 不起訴の理由は明らかにされていません。