新型コロナの感染拡大で、人が集まって歌うことが難しい中、自宅にいながらオンライン上で合唱し、オーケストラと共演できるイベントが名古屋で行われました。

 ソーシャルディスタンスが保たれる中でのオーケストラの生演奏とプロの生合唱。

 その中で、アマチュアの合唱団などおよそ160人の歌声が流れています。

 これは「遠隔合唱」と呼ばれるイベントで、参加者は事前に、自宅などでスマホやタブレットで録音した歌を送り、2日はライブでオーケストラの音と重ね合わせ、ウェブで生配信されました。

 NTT西日本の大容量の光回線を活用して実現したもので、2日はベートーベンの「交響曲第9番」のプロの演奏動画も配信され、その演奏に参加者の歌声を重ねた動画は8月8日に配信予定です。