岐阜県北方町で乗用車を運転中に前を走っていた自転車に追突し、男性に右腕の骨を折る大けがをさせたにもかかわらず、そのまま逃げたとして28歳の男が逮捕されました。


 逮捕されたのは、岐阜県大野町上秋の自称塗装工、加藤圭介容疑者(28)です。

 警察によりますと、加藤容疑者は、18日午前5時半過ぎ、北方町高屋の県道で乗用車を運転中に前を走っていた自転車に追突し、自転車に乗っていた32歳の男性に右腕の骨を折るなどの大けがをさせたにもかかわらず、そのまま逃げたひき逃げの疑いが持たれています。

 調べに対し、加藤容疑者は容疑を認めているということです。