「こどもの日」の5月5日、愛知県岡崎市の岩津天満宮では、赤ちゃんの「泣き相撲大会」が開かれました。

 赤ちゃん力士の「泣き相撲大会」。

 岡崎市の岩津天満宮では、新型コロナの感染拡大で去年は開催中止としましたが、ことしは赤ちゃん力士以外の入場は保護者だけにし、マスクの上にフェイスシールドを着用した行司との間にはアクリル板を設置しました。

 また、境内に入れない家族のために、ライブ中継の映像も配信しています。

 勝負は先に泣いた方が勝ち、関係者は、「コロナ禍でも思いっきり泣いて元気で健やかに育ってくれたら」と話していました。