24日朝、愛知県弥富市の中学校で、3年生の男子生徒(14)が腹部を包丁で刺されて死亡した事件で、逮捕された男子生徒(14)が「いやな思いをした」と供述していることが新たにわかりました。



 また、捜査関係者によりますと、逮捕された男子生徒は、「いじめられていた」という趣旨の供述もしていると言うことですが、弥富市の教育委員会はいじめやトラブルについて「把握していない」と説明しています。



 警察は実際にいじめがあったのかどうかを含め、慎重に調べを進めています。



 この事件は24日午前、弥富市内の中学校で、中学3年生の男子生徒が包丁で刺されて死亡したもので、同じ学年で別のクラスの男子生徒(14)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕され、25日朝、殺人の疑いで送検されました。



 警察の調べに対し、男子生徒は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めていると言うことです。



 「警察車両に学生服の男の人が、警察官2人に連れられて乗り込んだ。(刺されたとみられる生徒は)横たわって搬送されていた」(近所の人)



 25日の司法解剖で、男子生徒は、全長およそ35センチ、刃渡りおよそ20センチの包丁で腹を刺され、出血性ショックで死亡したことが明らかになりました。



 捜査関係者によりますと、逮捕された男子生徒は、凶器の包丁を「事前にネットで購入した」と話していると言います。



 いったいなぜ、学校に包丁を持ち込み、同学年の生徒を刺してしまったのでしょうか。



 「中学2年生のときには同じクラス。同じ小学校。仲がいいか悪いかは現時点では把握していません。(いじめやトラブルは)思い当たるところはありません」(校長)



 事件のあった学校では24日夜、緊急の保護者説明会が開かれました。説明会では、受験を控えた中学3年生に対する配慮を求める意見が出たということです。



 「学校が怖くて行けないとなったときに、欠席すると受験に影響があると思う。学校は『欠席扱いにしない。心配せずに、来られないなら休んでください』(と説明した)」(出席した保護者)



 一方、事件のあった中学校では25日朝、教職員らに見守られながら生徒たちが登校。朝礼で、亡くなった生徒に黙とうが捧げられました。中には泣いている生徒もいたということです。朝礼で、校長は全校生徒に対して、こう呼びかけました。



 「ネットやSNSで無責任な書き込みをした記事を見てつらくなることがあるかもしれません。学校でできることは何か考えて前に進んでいきたいと思います」



 警察は、殺害に至るようなトラブルは見当たらないと話していて、今後、逮捕された男子生徒の自宅から押収したスマートフォンを解析するなどして、犯行の動機を調べる方針です。