【あるドラライターの参考書的サンドラ活用法】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

虎のレッドスターは、言い切った。

竜党も薄々気付き始めている残念なこと。

ゴールデンルーキー根尾昂は、開幕のスターティングメンバーに名を連ねるのか―。

赤星憲広さんのコトバは希望を打ち砕く非情そのものだった。

「厳しい言い方をしますが、根尾選手(の開幕レギュラー)はないです。彼がレギュラー争いをすればドラゴンズの底上げにつながると思いますけど、やっぱり出遅れていますから。他の内野陣は『根尾に負けないぞ』と思いながら、しっかり1カ月間のキャンプに取り組みシーズンに備えていることを考えれば、明らかに他の選手に遅れているのは間違いない。実績があるわけでもないですし、プロのレベルは甘くないですから。ハッキリ開幕が無理と分かって良かったのではないでしょうか」

高卒1年目の開幕戦でスタメンを掴み取り、颯爽とスターダムの道を駆け上がる「根尾物語」は、リライトされることが極めて濃厚。それでも赤星さんは、根尾選手の加入がチームに好影響を与えていると話す。

「根尾効果は十分にあると思っています。(1軍に)いる・いないに関わらず与えた影響は大きい。今の根尾のレベルは度外視して、根尾の存在が内野陣の活性化に明らかに繋がっています。根尾選手はドラゴンズに大きな影響を与える存在だということがあらためて分かりました」

赤星さんが“根尾効果”の波及を受ける期待の選手として挙げたのは3人。まずは京田選手。

「京田選手はオフにかなり鍛えてきた。余計な手の動きがなくなってスムーズな打ち方になった。昨シーズンより良くなっている!」

 2人目はキャプテンに指名された高橋選手。

「何に驚いたかと言えば下半身のドッシリ感と安定感。調子が悪い時は上半身に力が入るんですけど、いまは下半身と上半身が連動しているので去年よりも数段よく見えます!」

そして、最後に選手会長の福田選手。

「(安打数を増やすため)去年よりこじんまりした気はしますが、もともとシーズンに30〜40本のホームランを打てるポテンシャルは持っている。安打数を増やしつつホームランを量産することを目指してやれています!」

根尾選手のプレーを開幕から1軍の舞台で見られないとなれば、それはやっぱり残念でならない。しかし、別の選手の活躍によってその気持ちが和らいだり、消えたりするのもチームスポーツのいいところ。京田、高橋、福田の3選手にはもちろん活躍してほしいが、筆者はいま、別の選手に期待で胸を躍らせている。
2006年の高校生ドラフトでジャイアンツとタイガースが競合した末にドラゴンズが当たりくじを引いた、尾張のプリンスこと堂上直倫選手。今度こそ! 必ずや! 覚醒を遂げてくれる気がしてならない!


■新打撃フォームで覚醒! 打率8割7分5厘の男・堂上直倫

2月3、4日に行われた実戦形式で5打数4安打を放った堂上選手は、同11日に行われたハンファとの練習試合でも3打数3安打4打点の大活躍。計8打数7安打で打率は驚異の8割7分5厘をマークしている。
打ったボールの球威やコースがどうだとかは、専門家でもないので知ったかぶりで書くつもりもない。ただ、打ったボールが甘い球であったならば、逃さず仕留めた集中力は素晴らしいし、反対に難しい球であったならば、間違いなく向上している技術が頼もしい。事実、11日のハンファ戦の3打席目に北谷球場のレフトスタンドに突き刺した豪快な今季第1号は、小雨と強めの風が吹く悪条件の中で放った完ぺきな一打であった。
昨シーズンとはまったく異なる新たな打撃フォームが奏功しているなら、きっかけを掴んだのだと信じられる。堂上選手の覚醒を期待する理由として、「8打数7安打」という結果以上の材料なんてないのである。

とはいえ、当の堂上選手は「今は結果がどうこうよりも、ボールがバットに当たるまでのフォームを意識している。納得のいくスイングをしたい」と冷静につとめながらも、胸の内には確かな闘志を秘めている一面を覗かせた。

 「ドラゴンズにはいい選手がたくさんいるので、とにかく結果を出し続けるしかないと思っています。やるからにはレギュラーを目指してやっていきます」

京田、高橋、福田選手のファンの方々には申し訳ないが、堂上ファンの筆者が今回のコラムを書かせてもらっている以上、自由に思いの丈を綴らせてもらう。

堂上選手にはこの後の実戦でもヒットを打ちまくり、圧倒的な数字を残してレギュラーの座を掴んでほしい! 守備位置はショートでも、セカンドでも、サードのどこでも! チームトップの守備力を誇る堂上選手が内野の一角を占めることでディフェンスは間違いなく強固になる。開幕戦のスターティングメンバーに名を連ねるのは、あくまでただの序章。2019年のシーズンが終わった頃には内野の一角を確固たるものとして、ここから何年も不動のレギュラーとして欠かせない存在になってもらいたい!
そんな願望を抱いているファンが少なくないことだけは確信している。北谷球場も然り、ナゴヤドームの公式戦でも「堂上直倫」の名前がコールされる度、やっぱりひと際大きな声援が送られているからだ。

今度こそ! 今年こそ! 尾張のプリンスは、ファンが待ち焦がれたヒーローとしての活躍を見せてくれる―。それがもう、夢物語だなんて思わない。きっと、現実になるはずだ。


ドラゴンズライター高橋健二

画像:「サンデードラゴンズ」に出演する赤星憲広さん(C)CBCテレビ