昨季、何度もチームに勝利をもたらしたコナー・ラマートだったが、西宮ストークス(B1)への移籍が決まった(トップ画像説明)

広島ドラゴンフライズは7月28日、コナー・ラマートの西宮ストークスへの移籍が決まったことを発表した。

米国のテキサス大学を卒業後、広島ドラゴンフライズにやってきたコナー・ラマートは1994年8月生まれで若さも魅力。昨シーズのチーム得点王で、B1昇格を懸けたレギュラーシーズン終盤の大激戦や、プレーオフで最後までチームの中心選手としてコートに立った。

西宮ストークスは2011年創立のクラブで本拠地は兵庫県西宮市。昨季はレギュラーシーズンをB2中地区1位の成績で終え、全体第2シードでプレーオフに進出。ファーストラウンドで群馬クレインサンダーズに連勝してB1昇格を決め、さらにプレイオフファイナルでは、広島ドラゴンフライズが「松江の死闘」で跳ね返された島根スサノオマジックを78−53の大差で下してB2初代王者に輝いた。


コナー・ラマート選手コメント

広島ドラゴンフライズのファンのみなさま、本当に残念なお知らせにはなりますが、2016-17シーズンをもって広島を退団することとなりました。1シーズンという短い間ではありましたが、毎試合温かいご声援をいただき心から感謝しています。プロとしての海外キャリアを広島で始めることができ、本当に良かったと思っています。また近い将来みなさまにどこかで会えることを楽しみに、これからも精一杯頑張っていきます! 本当にありがとうございました!