佐々岡カープ始動…

 

 

広島の秋季練習が10月9日、秋晴れのマツダスタジアムで午前中に始まった。

佐々岡監督が円陣の中でまずあいさつ。みやざきフェニックスリーグに参加している選手などを除く26選手が合同練習に参加した。メヒアやフランスアなど外国籍選手も参加した。

佐々岡監督は7日にあった就任会見の席で「ピッチャーは助けてもらうものだし、野手もピッチャーのために…」と話し「みんなで勝った喜びを味わう、負けた悔しさを味わう」一体感の大切さを強調した。

初日から、アップのあと、投手と野手が一緒に内野ノックを受けたのもそうした考えに沿ってのものだろう。

それにしても…

佐々岡監督のあいさつは…

「スタッフ、投手、野手などみんながレベルアップして、優勝を目指してみんなで戦っていきましょう」

…だった。

特に「みんなで」のところにアクセントがあった。

そして、そのあと「よろしくお願いします」との一言が加わった。

広島の歴代監督で、選手に「お願いします」と挨拶した指揮官は、外国人監督のマーティー・ブラウンを除いては記憶にないような…

この日はクライマックスシリーズのファイナルステージ開幕日。リーグ3連覇のあと、追いかける立場になった佐々岡カープの鍛える秋がスタートした。(ひろスポ!・田辺一球)PR)