画像はB2西地区優勝を決め記念撮影する広島ドラゴンフライズ

 

広島ドラゴンフライズは4月1日、NPO法人広島トップスポーツクラブネットワーク(トップス広島、松田眞二理事長)へ加盟した。

トップス広島は、企業スポーツから地域スポーツへの移行や、すべての広島の人々がすべての広島のスポーツを応援することを目指して、Jリーグなどを支援を得て2000年4月に設立された。

「スポーツ王国ひろしま」のポテンシャルが評価された、全国に先駆けた壮大なスポーツ環境育成への夢の実現を目指し、国内トップレベルの選手や団体によるスポーツの普及、指導、育成に関する事業を行い、スポーツを通じた社会貢献に寄与することを目的とする。

加盟団体は9競技910チームとなり、プロチームはサンフレッチェ広島、広島東洋カープに続き3チーム目。

加盟チーム(加盟日順)
・ サンフレッチェ広島、ワクナガレオリック、イズミメイプルレッズ、JTサンダーズ広島(2000年4月14日の発足時に同時加盟)
・ 広島ガスバドミントン部(2001年11月15日加盟)
・ NTT西日本ソフトテニス部(2004年4月1日加盟)
・ 中国電力陸上競技部(2005年4月1日加盟)
・ コカ・コーラレッドスパークス ホッケー部(2006年10月16日加盟)
・ 広島東洋カープ(2009年4月1日加盟)
・ 広島ドラゴンフライズ(2020年4月1日加盟予定)

NPO法人広島トップスポーツクラブネットワーク 松田眞二理事長 コメント

私どもNPO法人トップス広島(正式名称 NPO法人広島トップスポーツクラブネットワーク)は、2020年4月14日をもって、発足20年目を迎えることとなります。この節目の年に、「広島ドラゴンフライズ」さんが新たに私どものNPO法人に加盟頂く運びとなりましたことを、心より歓迎致しますとともに、私どもの活動に、深くご理解を頂いております事に、改めて感謝申し上げます。私どもNPO法人トップス広島は、これまで以下の8競技9チームで構成しておりましたが、これに広島ドラゴンフライズさんが加盟頂く事で、9競技10チームが加盟するNPO法人となります。

私どもは、「スポーツを通じた社会貢献」を目的とし、これまでも小学校の体育の授業へ各加盟チームの選手を派遣し、子どもたちと直接触れ合い、スポーツの楽しさを実感してもらう広島市教育委員会が主催する「Doスポーツ」活動など、未来を担う子どもたちを中心とした様々な活動を通じて、スポーツの楽しさや素晴らしさを直接伝える活動を
継続して行って参りました。

この度、広島ドラゴンフライズさんが新たに加盟頂く事で、私どもの活動も更に活性化するとともに、その活動の幅もこれまで以上に広がるものと期待しております。引き続き、トップス広島の活動にご理解とご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

最後に、現在、新型コロナウイルスの影響で、各種スポーツ競技やスポーツイベント等にも大きな影響が出ておりますが、現状の事態が早期に収束し、子どもたちの輝くほどキラキラした目と明るい笑顔に、一日でも早く再会できる事を願うとともに、事態収束に向け、日々奮闘頂いております医療関係者様、卒業・入学時期の混乱で日々奔走されている教育関係者様をはじめ、本件に関わる様々な方々のご努力に心より感謝申し上げますとともに、一日も早い収束を祈念致しております。


株式会社 広島ドラゴンフライズ 代表取締役社長兼GM 浦 伸嘉コメント

私ども広島ドラゴンフライズは「広島に、バスケでつながる風景を。」をクラブスローガンとして2013年に広島市で創立し、トップリーグ「ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)」に加入、現在はその後身「Bリーグ」に所属しています。 地元密着型のクラブとして、広島市民、県民の皆様、企業・法人・自治体の皆様からの応援をいただき
活動しているところです。

競技面での成績を求めることのみならず、クラブが活動する全ての過程において「バスケでつながる風景」を創出し、バスケットボールによって人と人のつながりを生み、地元・広島の地域社会を活性化することを最大の目的としています。

2016年から社会貢献活動「バスケでつながる風景プロジェクト」、2018年からは小中高生のホームゲーム招待活動「ドリームカード」事業を開始しています。今回、NPO法人トップス広島に加盟し、他の加盟チームとの連携や情報交換、交流を図り、 地域に愛されるスポーツチームとしての在り方等について広く助言をいただくことにより、これまで以上に地域貢献に取り組むとともに、今まで以上に幅広い市民・県民の方々に愛され、
応援いただけるチーム作りを目指して参ります。

現在、新型コロナウイルスの影響で、混乱と不安定な社会情勢となっておりますが、
この様な状況であるからこそ、我々スポーツクラブが一丸となって、明るい話題を市民・県民の皆様にご提供し、 元気と勇気、そして希望をお届けできればと考えております。
そのためにも、まずは5月に開催予定のB2プレーオフに勝利し、悲願の1部昇格を果たすとともに、 社会貢献活動におきましても、今まで以上に積極的に取り組み、地元広島に貢献して参りたいと考えております。

皆様方におかれましては、引き続き広島ドラゴンフライズへの応援をお願い申し上げますとともに、 私どもの社会貢献活動の取り組みにもご理解とご協力を賜りますことを、改めてお願い申し上げます。