トップ画像は入院棟を見上げて手を振る選手たち

 

サンフレッチェ広島の城福浩監督と青山敏弘、佐々木翔、川辺駿、荒木隼人、大迫敬介の5選手らは5月13日、広島市南区の広島大学病院を訪ね、新型コロナウイルス患者を受け入れている医療関係者らを激励した。

サンフレッチェ広島は同大学病院と医療支援協定を締結している。青山や佐々木ら選手側からも今回の訪問を強く希望する声が上がっていた。

マスク姿の一行は院内を徒歩移動して入院棟を見上げることができる「いこいの森」前までやってくると、木内良明病院長ら病院スタッフに出迎えられた。

最初にサンフレッチェ広島の仙田信吾社長があいさつした。

「新型コロナウイルスの感染拡大が長引く中、日々の医療活動、治療活動ほんとうに頭の下がる思いで、ありがとうございます。ささやかな感謝の気持ちとして、手を振らさせていただくことでみなさんにわずかでもお礼を申し上げることができればと思っております」

続いて選手からサイン入りユニホームとマスクが贈られ、病院側からは感謝状が仙田社長に手渡された。

そのあと、城福浩監督と選手は窓の向こうに集まっている病院関係者、スタッフ、入院患者のみなさんにしばらく手を振り感謝の気持ちを笑顔に込めた。

未だに先が見通せない中、チームはこの日、テレビ会議システムを使ってコンディションの維持やメンタル面のケアについて確認した。Jリーグが新型コロナウイルス収束へのどのタイミングでGOサインを出すかは定かでないが、病院関係者の声にも耳を傾けて改めてコロナ克服の思いを強くしたサンフレッチェ広島にとっても、この日の病院訪問は有意義なものとなった。

広島大学病院 木内義明院長の話
私たちは患者さんの治療を行っているわけですが、それを外からサポートしていただくのは、サポーターが選手を強くするのと一緒で、我々もパワーアップしてよりよい医療が提供できると考えています。非常に嬉しく日常の活動の励みになります。患者さんだけじゃなく、見る限りでは職員の方が喜んでいたかもしれません。

今、新規の発生患者数が少しずつ減ってこられているということですが、ここで油断することなく、まだまだ長期戦と言われておりますので、完全に収束するまで医療関係者だけでなく社会のみなさんも頑張っていただくということで、そういうメッセージを発していただく非常にいいチャンスだったと思っています。マスクについては、こういうサージカルマスクは月間7、8万枚使用します。すぐになくなるのが現状ですので有効に使わせていただきます。

城福浩監督の話
今世の中がたいへんな中、県民の命を守ってくださっている医療従事者の方への感謝の気持ちで、それはみんな持っていますがこういう形で手を振ることもでき日ごろの思いを伝えられたと思います。我々にその本当の(たいへんさの)ところは想像できないのですが、最前線に立っておられる方々に敬意を表しエールを送るというのは自分たちにとっても特別な経験になりました。

日常が大変な中、手を振りに来てくださり笑顔も見せていただきました。日ごろの苦労が一瞬でも和らぐようでしたら良かったかな、と…これからまだ戦いは続くので頑張って欲しいなと思っています。

もちろん我々も感染しない、させない行動をとらなければいけません。その中で医療従事者の方が中心となってコロナを抑え込めた時に、Jリーグも始められると思います。本当に苦しい思いをさせている県民の方もおられると思いますが、Jリーグが始まれば光を感じるような試合をお見せしたいと思いますし、みなさんと一緒に戦っていい結果を喜び合いたい、そういう準備を今からしっかりしておきたいですね。

※ここに未掲載の画像をひろスポ!にアップしています。