画像はマツダスタジアムで調整する主力野手陣、この顔ぶれで投手陣を援護したい

 

NPBが6月18日出場選手登録を公示した。各メディアが一斉に紹介した。

…なので違う角度から記事を書かないと意味がない。

広島は28人を登録して余裕を持たせた。コロナ特例で31人まで登録できる。

広島開幕一軍メンバー
投手
大瀬良大地
今村猛
森下暢仁
中﨑翔太
薮田和樹
床田寛樹
塹江敦哉
菊池保則
高橋樹也
T.スコット
G.フランスア

捕手
會澤翼
石原慶幸
坂倉将吾

内野手
上本崇司
田中広輔
小窪哲也
安部友裕
堂林翔太
菊池涼介
三好匠
西川龍馬
A.メヒア

外野手
鈴木誠也
長野久義
J.ピレラ
野間峻祥
髙橋大樹

 

 

昨季の開幕一軍は次の通り。

投手
九里亜蓮
大瀬良大地
中崎翔太
床田寛樹
一岡竜司
島内颯太郎
K.レグナルト
菊池保則
J.ヘルウェグ
G.フランスア

捕手
会沢翼
石原慶幸
船越涼太
坂倉将吾

内野手
曽根海成
上本崇司
田中広輔
小窪哲也
安部友裕
堂林翔太
菊池涼介
小園海斗
西川龍馬

外野手
鈴木誠也
長野久義
野間峻祥
松山竜平
X.バティスタ

 

 

去年と今年、見比べてファンのみなさんもいろいろ思うところがあるだろう。

まず小園海斗が外れた。やはりプロは甘くない。自分の打てる形をきっちり作らないと”落選”になる。2月のキャンプの勢いが続かなかった。ひろスポ!では開幕スタメンに期待していた。残念…

たった1年でいろいとなことがある。X.バティスタも船越涼太ももう赤いユニホームを着ていない。

外野手では高橋大樹が初の開幕一軍切符を手にした。鈴木誠也と同期で同じ右のスラッガーとして、このまま一軍に定着できるかどうか?このチャンスを逃すとまた遠回りすることになる。スタメンのチャンスもあるだろう。ある意味、J.ピレラとの競争になる。

野間峻祥はスタメン候補から大きく後退した。新首脳陣の下でもまた代走起用などが中心ではこの先厳しい。二軍調整中の松山竜平とともに競争になる。

内野手では昨年の曽根海成に代わり三好匠が食い込んだかっこうだ。試合途中から内野陣をバックアップする。少ない打席でもアピールしたい。

昨季に続いて開幕一軍の上本崇司は打撃面も加えての期待値アップ!

投手陣では森下暢仁に注目が集まるのはもちろんだが、キレで勝負する高橋樹也と、力のある球で押す塹江敦哉の両左腕が佐々岡真司監督の期待にどこまで応えるか?

同じく左腕のG.フランスアはD. ジョンソンと天秤にかけられた結果、一軍に残ったがふたりとも最後まで課題の残る投球だったからよほど奮起しないと危ういだろう。

不思議なのは薮田和樹だ。とても一軍に残れるような内容ではなかった。現状では使いどころがない。

まだ登録枠が3つ残されているから遠藤淳志らのちに登録される選手もいる。練習試合で結果の出せなかった一岡竜司もそうだ。

佐々岡監督は投手と野手の「和」を大変重んじる。選手もそれを理解してチーム全体で盛り上げていこうとするだろう。それにふさわしい顔ぶれになった。

その中心にいるのは野手では曾澤翼と鈴木誠也、投手では大瀬良大地。そして打線では五番を任されるA.メヒア。投手陣の出来不出来の振れ幅が大きそうなので、クリーンアップの出力を高めておくことが大事になる。

(ひろスポ!田辺一球)

ひろスポ!関連記事
日本一早い?佐々岡カープの開幕スタメン予想!一番野間、三番西川、五番松山と左が続き七番は…(2020年2月12日掲載)