ディアヴォロッソ広島vsアンジュヴィオレ広島、9月19日決戦―


第36回広島県女子サッカー選手権 兼皇后杯全日本女子選手権(広島県サッカー協会など主催)の最終日が9月6日、広島市安佐南区の広島広域公園第一球技場であった。

24チームが参加して行われたトーナメント戦の決勝はディアヴォロッソ広島がアンジュヴィオレ広島U−18を7−0のスコアで破って優勝した。

今季から中国リーグ2部に活動の場をステップアップさせたディアヴォロッソ広島は、創部2年目で初優勝。

7得点のうち4得点はかつてアンジュヴィオレ広島に所属した3選手のゴールだった。

3位決定戦はFCバイエルンツネイシレディースがアンジュヴィオレBINGOに3−2で競り勝った。

ベスト8はほかに、広島大学、AICJ高等学校女子サッカー 部、山陽高等学校、広島市立沼田高等学校サッカー部女子。

 

ディアヴォロッソ広島は19日、20日に岡山県高梁市の神原総合運動公園で開催される第42回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会中国地域予選会 兼第35回中国女子サッカー選手権大会に出場する。

 

この中国地域予選。昨年は5チームに全国大会切符が用意されていたが今年は「4」に減らされた。

5枠の場合はなでしこリーグ3部にあたるチャレンジリーグ所属のアンジュヴィオレ広島、吉備国際大学シャルム岡山高梁、岡山湯郷Belleの3チームが全国大会に推薦され、残り2枠を県代表チームで争った。

しかし4枠となったことでチャレンジリーグ組と、各県代表組の合計8チームが1試合のみ行い、勝った4チームに全国切符が与えられることになった。


その組み合わせは、主管の岡山県サッカー協会で担当。その結果が以下の通り。オープン抽選でなかったため詳細は不明だが、4チームをシードして、どういう訳か結果的には広島県勢のみが”直接対決”することになった。

全国切符を懸けての広島勢”決戦”は9月19日(土)午前11時キックオフ、なお全試合ともリモートマッチ(無観客)。

 

第42回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会中国地域予選会 兼
第35回中国女子サッカー選手権大会の組み合わせ

★岡山湯郷Belle(チャレンジリーグ)

 徳山大学(山口県代表)

クローバー米子フィオーレFC(鳥取県代表)

★作陽高等学校(岡山県代表)

★吉備国際大学シャルム岡山高梁(チャレンジリーグ)

ディオッサ出雲FC(島根県代表)

ディアヴォロッソ広島(広島県代表)

★アンジュヴィオレ広島(チャレンジリーグ)

※★がシード