画像は先ごろ「ゆめタウン」イズミ本社で「パートナー契約調印式に臨んだ浦 伸嘉社長兼GM

特別連載「広島スポーツ100年〜Bリーグ2020−21広島ドラゴンフライズの挑戦」#1 「われわれは、日本一のクラブを目指します。」

……

広島ドラゴンフライズがB1の舞台に立つ。

クラブ発足以来、多くの人たちによって支えられ、広島県民の声援に後押しされ、そして日本バスケの「頂き」に向けての第1歩となる2020−21シーズン幕開け…

それは1950年誕生のカープ、1993年スタートと同時にJリーグに参入したサンフレッチェ広島に続く広島プロスポーツ第3の波…

広島の過去100年では、陸で水の中で、あるいは空間で、日本最強を誇るアスリートたちが世界の頂にも挑んだ。

そんな「スポーツ王国広島」の歴史は、同時に戦争と平和の間で揺れ続け、やがて平和の象徴となった広島アスリートたちの物語でもあった。

次の100年に広島スポーツは何を遺すか?

「2020広島ドラゴンフライズの挑戦」は、間違いなく広島スポーツに新たな息吹を呼び込むことになるだろう。

広島スポーツの何がどう変わるのか?変えようとしているのか?

広島スポーツ100年取材班では、クラブ発足当時から取材を続けてきた広島ドラゴンフライズの過去と今と未来について探っていく。


第1回は、B1開幕を控え、広島ドラゴンフライズファンクラブ「CLUB.D」、広島ドラゴンフライズ後援会、広島ドラゴンフライズ パートナーへ向け配信された、広島ドラゴンフライズ 代表取締役社長兼GM 浦伸嘉氏の”B1開幕宣言”を紹介する。

……


みなさまこんにちは。


代表取締役社長の浦です。 


いよいよ開幕ですね。


まずは、チームについてお話したいと思います。昨季前の段階から、今季をにらんでトーマス・ケネディ、グレゴリー・エチェニケ、古野拓巳、谷口大智らを獲得しています。昇格はもちろんですがその次の年、すなわち今季にB1でいかに戦うかを追求していました。今季3人もバランスよく獲得できたと思っていますし、ケネディの帰化申請もプラン通りの時期にできました。チームスタッフも8人に増やしました。外国籍選手も、情報を集めて最速で来日してもらうことができました。この段階でできることは全部したかな、と思います。


あとは、パフォーマンスを最大限に出し、思い切ってコート上で表現してほしいと思います。他クラブより早く全員が揃ったアドバンテージをどれだけ生かせるか。プレーオフ進出という目標は、ハードルとしてはもちろん高いですが、チャンスはあると思います。 


一方、クラブとして、フロントとしての私はまた違う視点を持っています。


昨季が打ち切りと共にB1昇格が決まったので、ファンの皆さんとアリーナで一緒にワーッと祝えていないので、実はあまり、B1昇格の実感がないままここまで来ています。もしかしたら、開幕の大阪戦のティップオフの瞬間に「ようやくここまで来たな」と感じるのかな、と想像しています。B1と言っても、これまでと変わらず開幕の準備をしてきましたから。 


これまでも言ってきたことですが、クラブのフロントとしてはドラゴンフライズの価値を最大限に高めていくことに挑戦します。とりわけ、コートの中の価値です。ついにドラゴンフライズのコートは日本最高峰であるB1の舞台になったわけで、そこに立つ選手は本当に選ばれし者ですし、どんなに努力しても一握りの選手しか立つことのできない場所です。選手には開幕前に改めて伝えようと思っていますが、コートで自分を表現するのは本当に限られた時間で、かけがえのない時間です。


そして、我々フロントはその価値を高めるのが仕事です。今季、4面ビジョンを新たに導入しますが、他にもアリーナにはいろんな仕掛けをしてあります。ぜひご来場いただいて、実感していただきたいです。もちろんハード面の演出だけでなく、おもてなしやエンターテインメントももっと充実していきたい。


そうして初めて、ファンの皆さんがチケットを買って試合に来る価値も上がりますし、パートナー企業様の看板や、コートサインが価値を持ちます。


まだ、私はそれが本来あるべき価値ほどには高まっていないし、伝わっていないと思っています。

 

今季は、B1に昇格した初年度なので注目度がかなり高まっています。この1シーズンで精一杯の取り組みをして、来シーズンに入るまでのところでフロントとして最大限の成長をしたいと思っています。地域にも、メディアにもすごく注目いただいている中で仕組みを整備して、フロントの組織力を上げていきたい。これまでも成長してきましたが、まだまだ成長できると信じています。 


改めて言いますが、われわれは、日本一のクラブを目指します。


その覚悟をもって、今季も、挑み続けていきます。


ご支援、ご声援の程、何卒よろしくお願いいたします。