画像はエフピコアリーナふくやま


B1最強ディフェンスの宇都宮ブレックスに挑む広島ドラゴンフライズ、チケット完売のエフピコアリーナふくやまで強敵の連勝止めるか…

……


 

B1昇格の広島ドラゴンフライズにとって11月14、15日の宇都宮ブレックス戦は今後を占う上でも大事な戦いになる。


Bリーグ誕生の2016−17シーズン初代王者となった宇都宮ブレックス(当時はリンク栃木ブレックス)。2020−21シーズンもここまで東西20チーム中、唯一の1敗を守っていて東地区首位を走る。現在、8連勝中。


広島ドラゴンフライズはこの強敵に対してBリーグの前身のNBL時代の2シーズンと天皇杯での対戦歴があるが未勝利。


宇都宮ブレックスといえば田臥勇太。しかし昨年12月に左膝半月板を損傷して手術、9月8日にインジュアリーリスト(故障者リスト)からは抹消されたがまだ公式戦には復帰していない。


一方で宇都宮ブレックスの残る11人のメンバーは実にバランス良くコートに立っている。NBL時代から長く在籍するメンバーが今も中心を担うのが宇都宮の特徴で、その戦力の分厚さが武器となっている。


1試合平均16・0点のライアン・ロシターが得点源ではあるが、それでも得点ランキングは16位。ベスト10に宇都宮ブレックスの選手は見当たらない。参考までにグレゴリー・エチェニケは同18・6点で9位。


それでも得点力は強敵揃いの東地区4位。要するにどこからでも得点できる。リバウンドでもアシストでもやはり10位以内に宇都宮ブレックスの選手はひとりもいない。あらゆるプレーが高いレベルで平均化されているようだ。


その結果、失点はB1の全20チーム中最少。失点を抑えて大きなリードを奪って勝つ。12勝のうち5点差以内の接戦は、前節の秋田ノーザンハピネッツ戦でやっと3試合という状況だ。


チーム発足当時から広島ドラゴンフライズを応援してきたファンには、さらに興味深い対戦になる。かつて広島ドラゴンフライズを支えてくれた二人が、宇都宮ブレックスの顔となっている。竹内公輔(2014-16の2シーズン在籍)と鵤誠司(2015-17の2シーズン在籍)だ。


35歳となった竹内公輔は今も健在で、広島でこの世界にデビューした鵤誠司は押しも押されぬ先発ポイントガードに成長した。ふたりは2017年プレシーズンゲーム以来3年ぶりの広島凱旋となる。


ユース年代の日本代表経験のあるふたりの対決にも注目だ。広島ドラゴンフライズはアイザイア・マーフィー、宇都宮ブレックスは#テーブス海。ゴールに切れ込むプレーがすっかり定着したシューティングガードのアイザイア・マーフィー、ポイントガードのテーブス海はドリブルワークを中心とした個人技のレベルが高い。


アイザイア・マーフィーは新人デビューのシーズンながらゲームを経るごとに存在感が増し、出場タイムも増えている。広島ドラゴンフライズはインサイドのグレゴリー・エチェニケ、シューターの朝山正悟、田中成也、万能シューターのトーマス・ケネディらでバランス良く攻め、守り、ロースコア勝負の接戦にいかに持ち込むか?もちろんポイントガード陣のゲームコントロールも最高度のち密さと大胆さが求められる。


残念なのは福山市のエフピコアリーナふくやまでの初開催となるBリーグ好カードのチケットがソールドアウトとなっていることだ。


両日のゲームの模様はひろスポ!でも詳しく伝える予定。