画像は柳瀬楓菜

 

 

日本サッカー協会は5月13日、U-19日本女子代表候補トレーニングキャンプ(5月16日から20日、Jヴィレッジ)のメンバーを発表した。

 

ゴールキーパー3、ディフェンー10、ミッドフィルダーとフォワード各7の計27名。

 

サンフレッチェ広島レジーナからはFW柳瀬楓菜が選ばれた。柳瀬はこれからの広島サッカーを背負っていく逸材のひとりで6月6日に19歳になるチーム最年少。

 

現在、サンフレッチェ広島レジーナはトレーニングマッチを重ねながらチームの骨格作りから細部に渡ってのバランスを整え始めている状況だが、柳瀬は5月8日にあったWEリーグプレシーズンマッチのチーム初戦(大宮アルディージャVENTUS戦)でもフルタイム出場した。

 

Jヴィレッジでは現在、なでしこジャパン(日本女子代表)候補のトレーニングキャンプが行われており。サンフレッチェ広島レジーナからはFW上野真実が招集されている。

 

柳瀬コメント

U−19日本女子代表候補に選出され、大変うれしく思います。自分の持ち味をしっかりと出してアピールできるように頑張ります。応援をよろしくお願いします。