画像手前中央に増矢理花

 

 

サンフレッチェ広島レジーナは10月9日、増矢理花が「左膝前十字靭帯損傷」の手術を広島市内で8日に受けたと発表した。全治まで約6カ月の見込み。

 

チームを増矢理花中心にゼロから作ってきたため、この長期離脱は非常に痛い。

 

増矢理花は9月12日の2021-22 Yogibo WEリーグ開幕戦、ちふれASエルフェン埼玉戦で1ゴール2アシストの活躍をしたあと負傷して担架で退場した。