画像は鈴木誠也

2021年のひろスポ!記事アクセス数トップ30は14位の河井夫妻…以外全部カープ、1位は鈴木誠、2位はカープファンは起こっている、3位はマツダスタジアム「12球団サイテー」対応…

……


カープの地元、広島の中国新聞が12月31日付の紙面で「カープ サンフレ 21年十大ニュース」を掲載していた。


カープの1位は鈴木が大リーグ挑戦。以下…
2位・新型コロナに集団感染
3位・栗林が新人王 五輪金も貢献
4位・佐々岡監督無念の4位
5位・坂倉・小園ら成長
6位・大瀬良・九里ら残留
7位・元監督の古葉さん死去
8位・今村が戦力外現役引退
9位・菊池9年連続Gグラブ賞
10位・会沢プロ野球選手会長に


…となっている。1位、2位あたり、いい感じではないだろうか?このランキングはおそらく中国新聞担当者間で協議して決めたものだろう。紙面に順位選定の方法は示されていない。



一方、広島のスポーツ界全体を対象に記事をアップしてきたひろスポ!のこの1年間のアクセスランキング(ドコモdメニューニュース配信分)を見ていくとトップ30は、14位の河井夫妻に関するひろスポ!独自の記事以外はカープ関連ニュースとなっている。だが、その内容は、中国新聞とは大きく異なる。ドコモdメニュ―ニュースは、東京でも沖縄でも北海道でも全国からアクセス無料で閲覧できる。



ドコモdメニューニュース、ひろスポ!全配信記事2021年アクセス数トップ30

1位・広島と日本の主砲鈴木誠也の「メジャー挑戦は決定的」報道、それに無反応の他メディアの不思議…2年連続大赤字のカープ球団にポスティング以外に選択肢なし | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(10月23日掲載)

関連記事→広島と日本の主砲、鈴木誠也外野手の「メジャー挑戦決定的」ニュース東京、福岡などでアクセスランキング1位 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)


2位・#ブラックカープダウン、カープファンは本当に怒っている「菊池選手は一大事、全くいつからこのような球団に成り下がったのか…」 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月24日掲載)
※1位と2位が3位以下を大きく引き離すアクセス数


3位・さすがは「12球団サイテー」対応のマツダスタジアム、ヤクルトファンも気の毒午後6時プレーボール直前雨天中止発表、売り上げ重視の確信犯か? | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(8月22日掲載)


4位・西武ナインもファンも巻き込んでけっきょくマツダスタジアム交流戦開幕延期を当日の正午に発表「このク〇球団とことんビジター軽視やな」ネット即反応 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月25日掲載)


5位・点が線になりきょうは九里が陽性、プロ野球最大クラスターへまっしぐらのカープ、やっぱり田中選手会長はプロ野球選手会へ昨年2月以降の出来事洗いざらい報告すべき! | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月23日掲載)


6位・台風接近のマツダスタジアムDeNA戦、「12球団サイテー」と球団自身が認めた前回から一転、午前11時中止発表 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(9月17日掲載)


7位・カープコロナ感染のまま?関東遠征、菊池涼介、小園海斗、正隨優弥陽性と球団深夜に発表、それだけか?濃厚接触者ゼロ? | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月17日掲載)


8位・広島の日本の主砲鈴木誠也について地元中国新聞「背番号1がグラウンドからいなくなったカープの頼りなさ」嘆く… | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(10月25日掲載)


9位・広島球団は都合のいいように操作していないか?「中止となった阪神チケット…カープHP確認したところ、知らないうちに3日ほど延長されてました」 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月29日掲載)


10位・カープファン「12球団サイテーです」と公共交通機関ストップでもナイトゲーム開催のマツダスタジアムに抗議、電話口の球団担当者はどう答えたか?驚くべきその一言… | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(7月11日掲載)


11位・また長野ら5選手感染まさに#ブラックカープダウン、選手の命を危険に晒すな!一番菊池涼から四番鈴木誠まで”全滅”、コロナクラスター強行軍の行く末 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月21日掲載)


12位・広島両キャプテン意思表明、鈴木誠はメジャー挑戦、大瀬良は残留会見、残るは九里… | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(11月18日掲載)


13位・またか!マツダスタジアム中止と分かっていてもファンに足を運ばせる、やるやる商法 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月15日掲載)


14位・特報!自民党本部から河井夫妻党支部に入金された「破格の選挙応援金」は「1億5000万円」じゃなくて「2億円」だった!? | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月27日掲載)


15位・キャッチャーも満足にいないカープ、あすのマツダスタジアム交流戦開催の是非を当日決定でまたファン置き去り | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月24日掲載)


16位・マツダスタジアム交流戦開催絶望的でチケット高額転売ヤー断末魔…金券ショップに溢れる年間指定席転売出品、警視庁ならまた逮捕か… | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月23日掲載)


17位・高津監督の「広島カープファンの皆さん…来年は5位6位争いじゃなく、ぜひ優勝争いを…」から1年、マツダスタジアム最終戦ラストシーンは鈴木誠と西川らの記念撮影 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(10月29日掲載)


18位・広島強行カープ全開!県内「緊急安全確保」でJRも高速バスも高速道路網もストップでもマツダスタジアム普段通り開催、上限の3分の1、5000人が球場に来れず | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(7月9日掲載)


19位・緊急事態宣言のマツダスタジアム16500人上限変えぬまま広島強行カープ、コロナ第2幕でウラの顔浮き彫りに | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月15日掲載)


20位・広島「球団独自」のコロナ対策じゃ選手生命すら危うい?阪神は球団社長辞任、カープは誰が責任取るのか?田中選手会長はプロ野球選手会に報告した方が良くないか? | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月21日掲載)


21位・「一般ファンへの配慮無に等しい」「ファン倶楽部って何?」「転売ヤーと繋がってるの?」とカープファン、年間指定席購入者逮捕のマツダスタジアム今年も全主催ゲーム一斉発売 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2月26日掲載)


22位・えーっ!即日「1枚13万円転売」懲りないマツダスタジアムチケットに逮捕報道効果なし、問題はカープ球団のファンファーストでない売り方にあり | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(3月10日掲載)


23位・緊急事態宣言下のマツダスタジアム払い戻し受付拒否でカープファンの声行き場なし!「中国新聞へも取材を求めましたが想定どおりスルーです」 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月24日掲載)


24位・今必要なのはチケット払い戻し情報!原子力村並みカープ村、緊急事態宣言下のマツダスタジアム「行政の指示に従って」上限1万6500席の横並び報道 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月16日掲載)


25位・マツダスタジアム雨天ファン対応「12球団サイテー」自ら認めるカープ球団、まん延防止等重点措置で払い戻し求めるファンに「知り合いの方等に定価でお譲り…」 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(8月20日掲載)


26位・「欠陥」マツダスタジアム、ゴールデングラブ7度の丸でも危ういのに「森下さんと月を見て…」の羽月には眩し過ぎ… | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(5月5日掲載)


27位・はあっ!?古葉さんスルーでOB野球?とカープファン怒る!2022年3月マツダスタジアムで中国新聞社など主催のOB紅白戦開催発表 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(12月4日掲載)


28位・マツダスタジアム異常事態、大瀬良先発でもオープン戦当日券2500枚、売り切れはソフトバンク戦のみ… | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(3月6日掲載)


29位・譲渡金およそ24億円の広島のエース前田健太投手に続いて、広島の主砲鈴木誠也外野手ポスティング移籍へ、コロナ禍で売上高激減の広島球団への最大の恩返し | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(11月16日掲載)

30位・鈴木誠、大瀬良らの最後の意地も届かず、佐々岡カープ午後5時31分クライマッスク切符消滅 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(10月23日掲載)


以上、コロナ禍によるマツダスタジアムクラスターとそれに伴うマツダスタジアムでのチケット販売並びに払い戻しの過程でいかに多くのファンが混乱していたか、が手に取るように分かる。


またマツダスタジアムにおけるチケット問題は相変わらずの転売問題や、雨天、台風時の試合運営方法や払い戻しのあいまいさ、などこれまで広島球団が抱えてきた諸課題がコロナ禍によってさらにファンファーストでない状況となっている様子が“ファンの声”からも伝わってくる。


※以上ベスト30の記事はひろスポ!の同記事内でその内容もご覧いただけます。この記事下、関連記事に3位までは貼り付けてあります。