後半戦に向け全体練習に臨む左山桃子選手


 


 


サンフレッチェ広島レジーナは1月に入り各選手が自主トレをスタート、1月17日から全体練習を再開した。


 


WEリーグ元年のリーグ戦前半戦は2021年11月20日のジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦(広島広域公園第一球技場)が最後だった。


 


その後は皇后杯JFA第43回全日本女子サッカー選手権大会準々決勝まで2試合を戦い、12月29日の準々決勝、三菱重工浦和レッズレディース戦に敗れてオフに入っていた。


 


リーグ戦は9試合を消化して2勝3分け4敗、試合数が異なるため暫定8位で3月5日スタートの後半戦に向け今後、準備を重ねることになる。


 


サンフレッチェ広島レジーナここまでの戦績(Aはアウェイ、Hはホーム)

WEリーグ

第1節 9月12日A 〇3−0ちふれASエルフェン埼玉

第2節 9月18日H ●0−2マイナビ仙台レディース

第3節 9月25日A ●0−2日テレ・東京ヴェルディベレーザ

第4節 10月2日H △1−1アルビレックス新潟レディース

第5節 10月10日A ●1−4大宮アルディージャVENTUS

第6節 10月16日A 〇2−1三菱重工浦和レッズレディース

第7節 10月31日H △0−0ノジマステラ神奈川相模原

第8節 ゲームなし

第9節 11月14日A ●1−2AC長野パルセイロ・レディース

第10節 11月20日H △1−1ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

第11節 延期(試合日未定)


皇后杯

4回戦 12月25日4回戦、広島広域公園第一球技場

〇2−0マイナビ仙台レディース

準々決勝 12月29日、ヤンマースタジアム長居

●0−2三菱重工浦和レッズレディース


 


後半戦ではホームでのリーグ戦初勝利、そしてまずは勝率5割、その後の”貯金”を目指すことになる。何より魅力あるプレーを続け、たくさんの人にその姿を見てもらう必要がある。


 


WEリーグ誕生に合わせてゼロからスタートしたサンフレッチェ広島レジーナの選手たちが初めてみんなで集まったのは2021年2月15日だった。まだ1年目の”誕生日”さえ迎えていない。


 


これからみんなの手でその歴史を紡いでいく…


 


 


ひろスポ!ではチームの全体練習再開の初日、DF左山桃子選手に話を聞いた。


 


 


左山選手は広島生まれ、小・中学時代も広島で過ごし、サッカーの強豪、静岡県の藤枝順心高校へ進んだ。さらに静岡産業大学磐田ボニータで活躍して、アルビレックス新潟レディースへ加入。6シーズンを戦い、古巣の静岡SSUアスレジーナ(改称が繰り返され現在は)で1シーズンを過ごしたあと、サンフレッチェ広島レジーナ入りが決まった。その発表があったのは2021年1月12日だった。


 


 


左山選手は自身のツイッターに2021年の終わり、次のように綴っていた。


 


 


2021年シーズンたくさんの応援ありがとうございました 強く、逞しく、まだまだ成長する! みんなとたくさんの喜びを、共感できるチームになる為に!


 


 


左山選手は全25選手の中で4番目に”お姉さん”だ。


 


 


その”お姉さん”ぶりはすでに様々なメディアが報じている。自身のツイッターに「お恥ずかしい所もありますが見て頂けたら嬉しいです!」とある、YouTube「女子プロサッカー選手に1日密着 Presented by 広島マツダ」でも、その一端が紹介され、公開から5日目(1月19日)の正午までに1万7000回以上、視聴されている。



 【レジーナ左山桃子】女子プロサッカー選手に1日密着 Presented by 広島マツダ - YouTube


 




1月18日には「勝ちグセ。サンフレ応援!森﨑浩司のFoot style」に松原優菜選手と出演、歳の差を感じさせない?軽妙なトークを披露している。



【左山桃子&松原優菜生出演】サンフレッチェ広島レジーナトークLIVE - YouTube


 


 


 


…なので、スバリ、左山選手には聞いてみた。「レジーナに来てまだ1年…、で2月19日にはお誕生日を迎えます。30歳の誓いを年明けされましたか?」


 


左山 そうですね、私の中でも、ただ単にやるだけっていうのじゃなくて、もっともっと引っ張っていける選手にならないといけないなと感じましたし、チームのために、しっかり勝利に貢献できる選手になれるように頑張りたいと思います。



※サンフレッチェ広島レジーナ、左山桃子パンとベーグルとチームの勝利と我がままのススメと広島の夢と…(2)に続く