画像はINAC神戸レオネッサ戦を前にした広島広域公園第一球技場

 

 WEリーグ元年のサンフレッチェ広島レジーナ、5月の広島広域公園第一球技場は大人1000円特別価格、でいきなり5月4日は初代覇者に王手をかけるINAC神戸レオネッサ戦


……


2021-22 Yogibo WEリーグ 第11節、サンフレッチェ広島レジーナーレオネッサ神戸が5月4日、広島広域公園第一球技場で開催される。キックオフは午後2時。

 

先着1500名にオリジナルロールフラッグがプレゼントされる(提供:株式会社エディオン)。

 

 

この試合は2021年12月4日(土)に開催予定だったが、海外遠征した、なでしこジャパン(日本女子代表)のスタッフ・選手が日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後14日間の待機などの対応を必要としたため延期になっていた。

 

 

サンフレッチェ広島レジーナではWEリーグ開幕元年の2021−22シーズンが5月のホームゲーム3試合(ともに広島広域公園第一球技場)をもって終了するため、全3試合全席種で大人1000円、小中高生100円の特別価格に移行した。

特別価格のホームゲーム↓

5月4日(水・祝)午後2時キックオフ vs.INAC神戸レオネッサ

5月8日(日)午後2時キックオフ vs.ちふれASエルフェン埼玉

5月22日(日)午後1時キックオフ vs. AC長野パルセイロ・レディース

 

 

WEリーグの現在の順位は…(+・−は得失点差)

1位 INAC神戸レオネッサ 勝ち点44 16試合14勝2分け無敗 +22

2位 三菱重工浦和レッズレディース 勝ち点35 17試合11勝2分け4敗 +14

3位 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 勝ち点30 18試合8勝6分け4敗 +5

4位 マイナビ仙台レディース 勝ち点28 16試合8勝4分け4敗 +11

5位 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 勝ち点26 16試合8勝2分け6敗 +11

6位 大宮アルディージャVENTUS  勝ち点18 18試合3勝9分け6敗 −10

7位 アルビレックス新潟レディース 勝ち点16 17試合4勝4分け9敗 −10

8位 サンフレッチェ広島レジーナ 勝ち点15 16試合4勝3分け9敗 −8

9位 AC長野パルセイロ・レディース 勝ち点14 16試合3勝5分け8敗 −10

10位 ちふれASエルフェン埼玉 勝ち点13 18試合2勝7分け9敗 −13

11位 ノジマステラ神奈川相模原 勝ち点12 16試合2勝6分け8敗 −12

 

 

前節までの16戦負け知らずのINAC神戸レオネッサは“本気”で広島に乗り込んでくる。勝つか引き分ければWEリーグ初代優勝でその名を日本サッカーの歴史に記すことになるからだ。

 

4月29日(第19節)、アウェーの対戦ではサンフレッチェ広島レジーナが後半反撃に転じて2−3のスコアだった。レジーナの名にかけて目の前での胴上げを阻止できるか…