画像は最終戦に向け調整を続けるサンフレッチェ広島レジーナ

 

WEリーグ元年の最終節、2021-22 Yogibo WEリーグ第22節が5月22日(日)に各地で5試合開催される。

 

 

サンフレッチェ広島レジーナはホームの広島広域公園第一球技場にAC長野パルセイロ・レディースを迎える。キックオフは午後1時。

 

 

WEリーグ初代王者はすでに5月8日の第20節でINAC神戸レオネッサに決まった。

 

 

サンフレッチェ広島レジーナは1試合を残して11チーム中6位の勝ち点22。AC長野パルセイロ・レディースは勝ち点21の7位。熱い戦いが期待できそうだ。

 

 

当日は「1年間の応援ありがとう!企画」として、全席種大人1,000円、小中高生100円で観戦できる。

 

また当日は「マリモDAY」として「選手に手書きメッセージを届けよう♪」企画が実施される。ブースに設置された大型パネルに選手たちへの応援メッセージを書き込むことができる。

 

そうしたファミリーの声援を受けながらついに迎える記念すべきファーストシーズン、ホームラストゲーム。選手たちも全員でその特別な思いを表現するつもりでいる。

 

中村伸監督の話

「最後にホームでできるっていうのは、ありがたいことですし、応援してくださるみなさんの心に響く試合を見せれるようにしようと、最後に選手たちが歯を食いしばって作り上げてきた部分を全部出し切る試合にできたらな、と思います」