画像は森浦大輔投手、阪神22回戦の真っ直ぐ1本の”熱投”は確かに勝ち投手にふさわしい内容だったのだけれども…

 

ひろスポ!概報どおり、NPBが9月13日に甲子園球場であった阪神−広島22回戦の「勝利投手」を森浦から松本に訂正した。14日にNPBから各メディアに訂正の通達があり、NPBのHPにも以下の表記がアップされた。

 

NPBよりそのまま引用↓

下記の通り公式記録を訂正いたします。

1.該当試合

9月13日(火) 阪神−広島 22回戦 (甲子園)

2.内容

勝利投手を森浦大輔投手から松本竜也投手に訂正し、森浦投手にはホールドを記録します。
【訂正内容】
・広島の投手成績
勝利投手 松本竜也投手
ホールド 森浦大輔投手

……

ひろスポ!では試合当日、眠いのに!?その不自然さを指摘する記事をやんわりとアップした。↓

 

広島vs阪神、クライマックスシリーズ巡るバトルは佐々岡監督采配冴えまくり!でも五回途中森浦3分の2回勝ち投手?八回途中から1回3分の2で栗林セーブ?ってなんかおかしくない?
※この記事下の関連記事参照

 

中国新聞ではNPBの訂正を受け、ネット媒体でもその旨報じ、15日付朝刊でも”解説”付きで掲載した。

 

ネット上では記事を読んだファンから様々な声が上がっている。みなさんのご意見はごもっとも…

 

ここで多くは論じないが、ポイトはひとつだけ。「公認野球規則」の文言は、決して完璧ではない、ということだろう。

 

米国式の規則を模して日本流にアレンジされた「公認野球規則」の文言や、それにまつわる数多くの”解説”は日本語の複雑さもあり、様々に”解釈”できるものがある。

 

よって最終的には現場(公式記録員のみなさん)の裁量で決まることがあるのは”みなさん”もご承知のとおり(規則でもそうなっている)。その”解釈”をどう統一していくか、が難しいはずだ。

 

今回のケースでは勝ち投手は一番勝利に貢献したと思わる人、となるはずが栗林(1回3分の2投球)より1回以上少ない森浦(3分の2投球回)が勝ち投手だと場内アナウンスしたり、ネット記事に掲載されたりしていたから、ひろスポ!としてはあれっ?となって、黙ってはおけなくなった。

 

それが我々、ひろスポ特命取材班の性…!?

 

すでに前出の記事でも記したが、佐々岡マジック(ひろスポ!では”真司られないマジック”と命名”)によって記録員の方たちも”どうなんこれ?”と困惑したのではなかろうか?

 

なお、佐々岡監督は続く14日の阪神23回戦で森下を続投させ(ここが一番難しい場面だった)、マジックを使わなかったばかりに!?極めて痛い星を逃している。(ひろスポ!特命取材班&田辺一球)


※カープのさらに深い話は、2000年10月よりカープウオッチングを続けている(一日も休まず更新中)携帯サイト「田辺一球広島魂」で。田辺一球、スマホで検索。