画像は大内梨央、右は山口千尋(11月19日撮影)

 

サンフレッチェ広島レジーナは11月26日、広島広域公園第一球技場でINAC神戸レオネッサと対戦する。当日券で観戦できる。キックオフは午後2時。

 

サンフレッチェ広島レジーナはWEリーグトップ3を目指す今季、10月23日のホームでの開幕戦でジェフユナイテッド市原・千葉レディースに2−1で快勝。しかしそのあと、ホームでノジマステラ神奈川相模原のフィジカルの強さに圧倒されて1−2で競り負けると、11月に入りアウェイでの三菱重工浦和レッズレディース戦も1−2で敗れた。この試合は後半25分に先制されても39分に谷口木乃実のゴールで追いついたが41分にすぐに決勝点を許した。

 

攻撃力アップを目指すサンフレッチェ広島レジーナは第3節終了後のリーグ戦中断期間で練習マッチを消化しながら攻撃の幅を広げ、磨きをかけてきた。4バックと3バックを使い分ける「女王の翼可変システム」(ひろスポ!命名)が最大の武器。

 

INAC神戸レオネッサはここまで2戦2勝、得点6、失点2で暫定3位。サンフレッチェ広島レジーナはホームで勝ち点3を奪ってイッキに弾みをつけたい。

 

サンフレッチェ広島レジーナのトレーニングマッチ結果

11月12日(広島経済大学フットボールパーク)アンジュヴィオレ広島戦(45分×2)〇1−0
得点者は2本目17分:大内梨央

11月13日(広島経済大学フットボールパーク)愛媛FCレディース戦(45分×2)〇2−0
得点者は1本目1分:立花葉、2本目30分左山桃子

11月19日(エディオンスタジアム広島)サンフレッチェ広島ジュニアユース戦(45分×2)●1−3
得点者は1本目40分:谷口木乃実