2月に一部写真誌で違法カジノ店での賭博行為を報じられたタレントの清水良太郎(28)が、報道直後より謹慎処分となっていたことが、13日までに分かった。

 所属事務所の清水エイジェンシーが11日、公式サイトで「清水良太郎の現状について」とし処分を発表した。

 「はじめに、週刊誌記事及び報道の際、初めての事に驚き困惑し、弊社少人数のため、マスコミ各社様に対して行き届かない対応等がございましたことをお詫び申し上げます。また弊社はお取引先様、ファンクラブの皆様への謝罪などを第一と考え対応させて頂きましたので、ご報告が遅くなりました事、重ねてお詫び申し上げます」と2月報道での対応を謝罪した。

 さらに「決まっておりましたミュージカル・ディナーショー・イべント・CM等のお取引先様への対応に追われておりましたが、皆様とも話し合いを重ね、当面の間、仕事は全てキャンセルさせて頂いております。清水良太郎は報道直後より謹慎処分とし、本人、弊社ともに、ことの重大さに深く反省しております」と現在までの経緯を説明した。

 良太郎は、タレント・清水アキラ(62)の三男。

 また清水とともに賭博行為を報じられた俳優の遠藤要(33)は、報道直後に所属事務所が謹慎処分を下していた。