「Sexy Zone」の中島健人(23)らが17日、大阪市内で行われた主演映画「心が叫びたがってるんだ。」(熊澤尚人監督、22日公開)の試写会で舞台あいさつに出席した。

 2015年に公開されヒットしたアニメ映画の実写化。主演4作目となる中島は、本音を言えず人との付き合いが苦手な高校生を演じた。「中学時代の自分に似ている。自分のことを誰かに伝えるのは難しいなと思っていた。中坊の時の中島ととらえていただければ」と作品をアピール。幼い頃のトラウマを抱えて会話ができないヒロインという難役に挑んだ芳根京子(20)は「(主要キャスト4人で)中島くん以外は人見知りなんですが、座長の中島くんがまとめてくれた」と感謝した。撮影の合間は4人で「指スマ」などアナログなゲームで盛り上がっていたそうで、石井杏奈(19)も「誰も携帯をいじったりしてなかった」と振り返った。

 また現在、TOHOシネマズ梅田で行われている、今作へのメッセージを卵に書く「奉納卵」のイベントで、寛一郎(20)が卵に書かれた「共演者誰かのモノマネが見たい」というリクエストを地声で叫ぶと、中島が「『ここさけ』を全力でアピールする小栗旬さん」のモノマネを披露。「先週、『銀魂』が公開されました。来週には『君の膵臓をたべたい』があります。でもその間の『心が叫びたがってるんだ。』も見てほしい」と小栗の出演作とあわせて、かみながらも得意?のモノマネを披露。「甘噛み拓実です」と、自身の役名である坂上拓実と重ねて笑いを誘っていた。