お笑い芸人の明石家さんま(62)が、5日に放送された大阪・MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜・後10時53分)で、フジテレビの名物番組「明石家サンタ」誕生のエピソードを明かした。

 近年は毎年クリスマスイブの夜に生放送される「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」。聖夜に一人で寂しく過ごす視聴者と直接電話で話す企画などで人気を集めている。

 さんまは昨今の不倫・浮気の週刊誌報道などの話題の時に「誕生日とクリスマスは異性と会わない」というポリシーを紹介。「週刊誌が来ると刷り込まれているから」だという。

 その話をフジテレビ関係者にすると「じゃあ、クリスマスの夜はスケジュールが空いているってことですか?」と聞かれ「じゃあ夜に生で番組」との提案で1990年から始まったという。