6日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」(日曜・前11時45分)では、女優・斉藤由貴(50)と横浜市在住の50代の開業医の男性とのダブル不倫疑惑を取り扱った。

 3日発売の「週刊文春」が、「恋人つなぎ」をしている2人の写真などとともに報道。「恋人つなぎって意味があるの?」と和田アキ子(67)が発言すると、ゲストの菊地幸夫弁護士(60)は「不倫の相談を法律問題として扱うときに、興信所の写真を見ることが何度もある。大体不倫では、これ(恋人つなぎ)をしている。ホテルに入ったとかマンションに入ったというのが大事だけど、それを補強するものとして、普通の手つなぎと恋人つなぎでは証拠になるかどうかの大きな違いがある」と見解を示した。