6日に放送された日本テレビ系バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜・後7時58分)の平均視聴率が17・6%だったことが7日、分かった。

 5月7日20・6%、14日21・2%、21日21・0%、28日20・2%、6月4日21・6%、11日20・6%、18日22・2%、25日20・3%と8週連続で20%の大台超えを続けていた「イッテQ!」。その後、7月2日18・2%、9日18・9%、16日18・3%と3週続けて大台超えを逃していたが、23日に4週ぶり20%超えの20・4%を記録。30日は19・6%と惜しくも20%割れで2週連続の大台超えはならなかった。今回も2・0ポイント下降した。

 「イッテQ!」は2月5日の「イモトWT99か国の軌跡―」が22・5%と、2010年2月21日放送回で記録した22・6%に続く番組史上2位の数字を記録。同12日の「祝10周年 イモトWT(ワールドツアー)に草刈正雄がやって来た!2時間SP」も22・6%を記録した。

 今回は出川哲朗(53)の人気企画「はじめてのおつかいスペシャルinカナダ」を放送。河北麻友子(25)とともに「世界で最も住みやすい都市ランキング」第3位に輝いたバンクーバーを訪れ、独自の英会話でミッションをクリアしていく様子が笑いを誘った。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)