タレントの猫ひろし(39)が6日、カンボジアで行われた「アンコールエンパイア・フル&ハーフマラソン」のハーフ部門に出場し、1時間15分10秒でカンボジア人トップとなる2位入賞を果たした。

 猫は19日にマレーシアで行われる「東南アジア競技大会」にカンボジア代表として出場予定で、3日に首都プノンペンで壮行会に出席したばかり。「今日は19日に控えている大会の調整も込めて走りました。目標タイムより1分半遅かった!あと2週間、自分をコントロールして、東南アジア大会本番では、猫ですが虎のように貪欲に走りますニャー!」とコメントした。

 猫は昨年8月のリオディジャネイロ五輪にカンボジア代表として出場。今年2月の東京マラソンでは自己2番目の記録となる2時間30分37秒をマークした。14年のアジア大会(韓国)にも出場するなどカンボジア代表として国際大会に出場し続けている。