女優の高橋由美子(43)が8日、都内でエーザイ「チョコラBB」65周年記念イベントに、女優の永作博美(46)、新木優子(23)らと出席した。

 高橋は、96年に出演したCMで着用した衣装を再現した上下緑色のスーツで登場。肌荒れがひどく、髪がボザボサの女性を演じたCMを振り返り、「友達から『普段と何が違うの?』と言われた。ほとんど地ですね」。この日は、足を開いて仁王立ちする場面が多かったと報道陣に指摘され、「ちっちゃいオッサンって言われてるので。いつも足を開いてると怒られるんです」と笑わせた。

 美肌の秘訣(ひけつ)については「毎日必ず声を出して笑う。必然的に一人だからそうなってる」と自虐的に語り、結婚の予定について聞かれると「今のところまだない。卒業証書はまだもらえない」と苦笑いを浮かべた。

 イベントでは高橋のCM映像が上映され、96年当時の3人の写真が公開。永作は、23歳の頃の歌手時代のCDジャケット写真に「早くかっこいい女性に近づきたい、大人っぽくしたい盛りだった」と笑顔。当時は2〜3歳だった新木は「永作さんが歌を歌っていたのは知らなかった。ビックリです」と驚きの表情だった。