俳優の勝地涼(30)が9日、都内で、出演するNHK土曜ドラマスペシャル「1942年のプレーボール」(12日午後7時半)の完成試写会に、共演の忽那汐里(24)と出席した。

 実話を基に、戦前から戦後にかけて、日本のプロ野球で活躍した4兄弟の姿を描いたドラマ。

 撮影は5月末から、名古屋市近郊で行われた。4兄弟を演じた俳優陣は収録前に2か月間野球の練習を行い、名古屋市内で合宿を課された。長男役の勝地は、合宿のオファーを受けた際、「正直、マジかと思った。10代のころは、相部屋のこととかあったけど『えっ、オレもう30歳なんだけど』と」と苦笑い。

 同じ部屋で寝泊まりする中で、下の“兄弟”らに「絶対に敬語を使わない」ルールを課したという。「次男(太賀)、三男(斎藤嘉樹)らはなかなか敬語が取れなかった。でも四男の渉(福山康平)はゆとりからか『あのさぁ〜』と言ってきて不思議な感覚だった」と笑みを浮かべ、「今、作品を見ると、あの時の時間がすごい良かったなと思う」と話した。

 忽那は、撮影中の苦労について「名古屋の人から『名古屋の暑さは東京とは違う』とは聞いていたけど、本当に暑かった。野球の観戦シーンは汗だくになった」と振り返った。