レギュラー出演するフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)を9月いっぱいで卒業することが明らかになった女優の菊川怜(39)が10日の同番組に生出演し、「9月いっぱいでとくダネを卒業することになりまして、振り返ると5年3か月だったんですけど、その時間をとくダネと一緒に過ごさせていただきまして30代を振り返ってもとくダネが私の基盤にありました。今まで応援してくださった視聴者のみなさまや小倉さんをはじめとする番組関係者のみなさまに今まで支えていただいて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。卒業は寂しくもあるんですけれど、また新たなスタートラインに立つつもりで、今後もいろいろなことにチャレンジしていきたいと思っております。まだ、8月、9月残っていますのでどうぞよろしくお願いいたします」と話した。

 

 菊川は、今年4月に実業家の穐田誉輝(あきた・よしてる)氏(48)と結婚した。所属事務所によると、結婚生活を優先させたいという菊川の強い希望があり、申し入れたという。4月の結婚後、2人はともに多忙とあって現在も別居婚状態だが、卒業を機に同居する見込みだ。

 菊川は12年7月に同番組の女性司会者に就任。メイン司会者の小倉智昭キャスター(70)と息の合ったトークを見せ、結婚も番組内で発表した。

 菊川は9日に「5年3か月という時間をこの番組と共に過ごさせていただきました。30代を振り返ると『とくダネ!』が私の基盤にありました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。「卒業は寂しくもありますが、一つの区切りとして新たなスタートラインに立つ気持ちで、いろいろなことにチャレンジしていきたい」と決意表明した。同局によると、後任については「立てるかどうかも決まっていない」という。9月29日の放送が最後の出演となる。