歌手の美川憲一(71)が10日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜・正午)に出演し、人生で初めて入院したことを語った。

 美川は昨年2016年、米ロサンゼルスで人生初アメリカコンサート開くことになった。しかし開催3日前、「あの世に言っちゃうかな」と思うほど体調を崩してしまったという。

 筋肉が全部緩み立っているのがやっとだったが、いすに座ってリハーサルを行いその後、病院に行ったら即入院させられた。

 入院先の病室は相部屋で重病人ばかり。「ここにいたら自分もそうなってしまう」と退院を訴えるも、「1日半しないとダメ」と言われてしまった。翌日夕方に無事退院。

 それでも本番は、神様が降りてきたと思えるほどのパーフェクトなコンサートができ、スタンディングオベーションが鳴り止まなかったという。

 入院費は300万ドル(日本円で約320万円)かかってしまったが、保険で全部払えた。美川は「海外旅行に行くときは、保険加入することを忘れずに」と訴えた。