7月15日の公開から今月9日までの26日間で観客動員195万人、興行収入22・7億円を突破したアニメ映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の大ヒット御礼イベントが10日、横浜市の赤レンガ倉庫で開催され、主人公サトシ役の声優・松本梨香とエンディング主題歌を担当した歌手の林明日香(28)が参加した。

 約1500人の観客の前に、ピカチュウらとともにサプライズ登場した松本はオープニング主題歌「めざせポケモンマスター ―20th Anniversary―」を、林はエンディング主題歌「オラシオンのテーマ〜共に歩こう〜」などを披露。観客から大合唱が巻き起こった。

 横浜出身の松本は「この歌でポケモンが始まり、あっという間に20年が経ちました。毎日毎日この歌を歌っていて、この歌を歌わない日はこの20年間で1日もなかったと思います。(横浜で歌って)地元なのでメチャクチャうれしいです! 20年頑張ってきて良かったなと思います!」と歓喜。林は「梨香さんとポケモン映画に14年ぶりに関わることができて本当にうれしいですし、梨香さんは本当にサトシのような人で優しくて大好きです!」と先輩との共演に感謝していた。

 1998年公開の第1作から20作目の節目を迎えた「劇場版ポケモン」。本作は97年放送のアニメ第1回をモチーフとしたオリジナルストーリーで大ヒットを記録している。