「関ジャニ∞」の渋谷すばる(35)、安田章大(32)、大倉忠義(32)が11日、都内で行われた米映画「スパイダーマン:ホームカミング」(ジョン・ワッツ監督)の初日舞台あいさつにジャパンアンバサダーとして登壇した。

 日本語吹き替え版主題歌「Never Say Never」を担当しており、同曲の作詞作曲を手掛けた安田は「スパイダーマンの映画に関ジャニの歌が流れるなんて…こんな人生プランはなかったです」と感無量の表情。詞に込めた思いを「今まで歩んできた道、チャンスをもらって挑戦して、失敗も苦難も葛藤もある中で絆を深めていったことです」と真面目に語っていた。

 アンバサダーとして挑戦した思い出を問われた渋谷は「LAでレッドカーペットを初めて経験させていただいたんですけど、ヒロインの子(20歳の女優ゼンデイヤ)がかわいくて、どうにかこう…電話番号教えてくれへんかな〜とずっと思っていたんですけど、トライできず…すごいかわいかったな…」とナンパ未遂を告白。

 一方の大倉も「大ファンの(アイアンマン役の)ロバート・ダウニー・Jr.さんに会えたんですけど、(緊張のあまり)人生で言ったことないくらいの小声で『ファンです…』と言ってしまいました。ダウニーさんとどうにかならないか…と」と告白すると、2人から「なるかぁ!」「どうなりたいねん!?」と総ツッコミを浴びていた。

 サプライズでスパイダーマンも登場。ハグした大倉は「なんかいい匂いする〜★」と大興奮だった。