タレントの原幹恵(30)が11日、都内でラスト写真集「my treasure」の発売イベントを行った。

 5月に初めて訪れたパラオ共和国やグアムで撮影。今作でのグラビア卒業に「区切りがいい歳(とし)でもあるし、自分の中でケジメを付けたいと思った」と説明。

 「今までの集大成のような作品。等身大の私が詰まっています。グラビア生活12年間が宝物だと思ったので、『my treasure』と付けました」と話した。

 パラオでは「スッポンポンで撮った」という限界ギリギリショットにも挑戦。バスト94センチ・ウエスト61センチ・ヒップ88センチのゴージャスボディーを、惜しげもなく披露している。原は「人ひとりいなかったので、開放的な気分になってしまい…。カメラマンさんと2人きりで。ラストということで、露出も頑張った。自分でも大満足です」。今後について「夢は自分の下着ブランドを作ること。女優としても頑張りたい」と目を輝かせた。