「Kis―My―Ft2」の玉森裕太(27)が、10月期のテレビ朝日系ドラマ「重要参考人探偵」(金曜・深夜0時24分)に主演することが12日、発表された。共演に、5年ぶりの連ドラ出演となるNEWS・小山慶一郎(33)と古川雄輝(29)。玉森は、2年半ぶりの連ドラ主演に「『あの3人組、いいよね』『頑張って!』と思ってもらえる雰囲気を作っていけるよう、頑張る」と力を込めた。

 同局の金曜ナイトドラマ枠は「トリック」(00年)、「時効警察」(06年)など数々のヒット作を生み出してきた。今作は、同名漫画を原作にしたコメディーミステリー。玉森が同枠の主演を務めるのは「信長のシェフ」以来4年半ぶりだ。

 玉森演じるのは、いつも殺人事件の現場に居合わせて死体の第一発見者になってしまう主人公・弥木(まねき)圭。小山が、弥木のモデル仲間で推理オタクの周防斎(すおう・いつき)、古川は同じくモデル仲間のシモン藤馬を演じ、イケメン3人で痛快な推理合戦を繰り広げる。

 玉森と小山は、同じ事務所の先輩後輩。最近はキャスターとしての活躍が目立つ小山に対し、玉森は「実はテレビ越しで見ることが多い。(日テレ系『news every.』で)“夕方の顔”ですから」と持ち上げれば、小山は「玉森くんはJr.の時から時間をともにしてきた気がするので、あまり後輩っていう感覚ではないかな。グループにいても引き立つ存在ですし、この作品でも僕らを引っ張ってくれると期待している」。後輩を頼りに、また一番の年長者として3人をまとめて“夜の顔”としての新たな一面を見せる。