セクシーアイドルグループ「恵比寿マスカッツ」元メンバーで、グラドル兼プロ雀士の篠原冴美(24)が、「役満をあがったことがないんです」と驚きの告白をした。

 東京・秋葉原で13日、グラビアDVD「さみぃたいむ」発売記念イベントを行った。篠原は1月に日本プロ麻雀協会のテストを受験し合格。Gカップグラドル兼プロ雀士に転身した。「最近はずっと勉強勉強で、きょうもこれからお母さんとセット(麻雀)なんです。昨日も家族で夜2時までやってたり。本を読んだり、実戦したり。とにかく週に3〜4回は打つようにして。8月に放送対局が決まったので」と麻雀漬けの日々を送っているという。

 ところが「まだ役満をあがったことがないんです」と驚きの告白。「こんだけやってて狙わないんです。(配牌で)九種とか十種あっても(国士無双を狙わず)九種九牌で流しちゃうんです。スピード派で手役を追わないんです。だからみんながカンしててウラドラがのったときの三倍満が最高ですかね。メンタンピンドラいっぱい、みたいな」

 どっちが本業か分からない状態だが、グラドルとしての今作は「東京のどっか電車でいけるところ」で撮影。「かわいい感じのセリフを言う王道なDVDになってます」とPR。1作目以来約6年ぶりに制服を着るシーンもあったがスタッフから「どっかのお店にいそう」と言われてしまったとか。