フジテレビは14日(米国時間13日)、米男子プロゴルフツアーの今季メジャー最終戦「第99回全米プロ選手権最終日」を生中継した。前日は試合中に中継が終わってしまいSNSなどで非難の声が上がっていたが、この日はホールアウトまで放送。インタビューなどに続き「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)開始の時間になっても、引き続きゴルフ中継を続けた。

 そして、午前8時6分ころに「とくダネ!」のスタジオにスイッチ。MCの小倉智昭氏(70)は悔しそうに「本当に松山選手、惜しかった。1ストローク差の2位でスタートして、前半終わったところで1ストロークリードした。ところが、やっぱり…。メジャーは楽には勝たしてくれません。1歳下のトーマスが素晴らしいゴルフをして、結果的には(トーマスが)メジャー初優勝になりました」と語っていた。

 1打差2位から、日本男子初のメジャー制覇に挑んだ松山英樹(25)=LEXUS=は5バーディー、6ボギーの72と伸ばせず、通算5アンダーの5位に終わった。2打差4位スタートのジャスティン・トーマス(24)=米国=が68で回り、8アンダーで逆転でメジャー初優勝。米ツアー5勝目を挙げた。