2005年のロッテ・ドラフト1位・柳田将利さん(30)が12日放送のテレビ東京系「プロ野球ドラ1は今…波瀾万丈!大追跡SP」(木曜・後7時53分)に出演。トラック運転手に転身した現在の生活を明かした。

 青森山田高から149キロ左腕として入団も、2年目に右ひざ半月板損傷の大ケガを負い投手を断念。打者転向もプロ生活わずか3年、21歳で戦力外通告を受けた。

 「打者転向の時、もう無理と分かってました。結局、僕はピッチャーだったんです」と振り返った柳田さん。引退後、ラーメン店、寿司店など職を転々。地元の後輩の借金の保証人になったが、当の後輩が1000万円を持ち逃げしたことで柳田さんが全額保証することになってしまったという。

 「夜もずっとおカネのことばかり考えて不眠症でした」と柳田さん。プロ入団時の契約金などを使って、数年で借金を返済。現在は午前1時半に起きて、全国を走り回るトラックの運転手になった。

 「何をするにしても新鮮で楽しいです。野球しかやってこなくて、なんの知識もないんで」と笑顔。月収は手取りで23万円と明かし、「プロ入り後の話は人にしないですね。100%やり切ったかと言ったら、やり切ってないですし…」と続けた。