俳優の六角精児(55)が8日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」にゲスト出演。「若い人に説教をする人間にはなりたくない」と語った。

 番組では、何かにつけて文句を言う先輩の扱うという記事を取り扱った。これについてMCの原田龍二(47)からコメントを求められた六角は「成人してから劇団にしか参加していないから、一般社会のことは分からないけど」とした上で、「若い頃、芝居とは関係ない芸能関係の人と会ったとき、『役者とはどうあるべきか』『おまえのイデオロギー(信条)はなんだ』とか言われて、『そんなことは分からない』と返したら、『そんなんじゃダメだ』と言われて、こういうことを言う人にはならないと思った」と語った。

 金曜コメンテーターの中尾ミエ(71)が「役者さんにはうるさいこという人いるんじゃないですか」と質問すると、六角は「僕はそれは嫌。後輩には後輩のやりたいようにやってもらいたい」と返答した。