俳優の六角精児(55)が8日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」にゲスト出演。金曜MC・原田龍二(47)とテレビ朝日系人気ドラマ「相棒」シリーズの共演者として、掛け合いを見せた。

 原田から「大きな組織になると派閥はできるものなんですかね?」と訪ねられた六角は「我々の世界では、昔に比べたら少なくなってきた」と返答した。

 原田は「相棒シリーズに長く出られている。水谷豊さんだったり、鉄道好きとしてタモリ倶楽部にも出ているのでタモリさんだったり、いくつか仲良くされている方達がいらっしゃるのに、派閥には入っていない?」と六角に質問。六角は「その質問、丸ごとあなたに返したい。原田さんも相棒シリーズには出ているじゃないですか」と苦笑いを見せた。

 番組アシスタントのミッツ・マングローブ(42)が「相棒にも派閥はある?」と聞くと、原田と六角はそろって「相棒は一つ」と返答。さらに、六角は「映画は、派閥と言えば『なになに組』と言うイメージが強いけど、最近はそういうものを引き継いでいない。引き継いでいたら、もう少し僕もへりくだるんですけどね。それがないから、自分は派閥に入っていないし、仕事がない」と肩を落とした。