放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が8日、都内で会見し、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月曜〜金曜・前8時)が昨年放送した2つの特集について「放送倫理違反があったと判断した」ことを明かした。

 1つ目は昨年7月27日放送の自称・医学博士の男が無資格で患者を診断したとして医師法違反で逮捕された事件。容疑者のインタビューとして別人のインタビューを放送した。

 2つ目は同年8月28日。京都府議の男性が妻に暴力を振るった事件で、男性が書類送検される前に既に書類送検されていたように報じた。

 委員会では「事実に反する報道で誤った情報を視聴者に伝えた」として「2つの特集は放送倫理違反があったと判断する」と発表。2つ目の件では実際、放送翌日に男性は書類送検されたが「放送の時点で十分な裏付けがないまま誤った情報を視聴者に伝えたことには変わりない」と断じた。川端和治委員長(72)は「各局はチェックの意識を高めてほしい」と話した。