看護師兼コスプレイヤーで注目の桃月なしこ(22)が、3月2日に開幕する「ええじゃないかとよはし映画祭」で初MCを務める。

 愛知・豊橋市は桃月が生まれ育った地元。「生まれてから今までの22年間、ずっと豊橋で暮らしてきました。のどかで平和で大好きな豊橋。そんな思い入れの深い場所でお仕事ができて大変嬉しく思います。豪華な監督や俳優女優の方々の前でMCを務めさせていただけるだなんて光栄です。初めてのMC、不安もありますが精一杯頑張り『とよはし映画祭』を皆さんと一緒に盛り上げていけたらいいなと思います」と意気込みを語った。

 桃月は11日に放送されたTBS系「初耳学」(日曜・後10時)で“美しすぎる看護師”として紹介されてTVデビューし大きな反響を呼んだ。「ツイッターが約2万人、インスタグラムが約8000人もフォロワーが増え、反響の大きさを実感しています。学生時代の友人からも『初耳学見たよ! 頑張ってるんだね!』と言ってもらえてうれしいし、みんなすごく応援してくれています」。親からは「頑張ってるみたいだけど体調だけは気をつけてね」と言われたそうだ。

 「MCを担当する映画を何度も映画を見たりしたこともあり、自分自身も映画に携われるような人材になりたいという考えになりました」と話す桃月は「実はこの映画祭をきっかけに最近演技指導を受け始めました」と告白。「今後、私も演技にも携われるような人間になりたいと思っています」と話した。