歌手の西城秀樹(56)が脳梗塞を再発していたことが20日、明らかになった。

 西城は19日夜に軽いめまいを訴え、都内の病院で診察を受けた。その時は異状は見つからなかったが、大事を取って入院。検査の結果、小さな脳梗塞が見つかった。意識ははっきりしており、ふらつきがある程度という。入院は2週間の予定で、手術はせずに点滴などの治療を行う。

 西城は自身のHPでも「是が非でもステージに立ちたいという強い思いがありましたが、医師から無理をしないようにと大事をとっての入院となり、今は一刻も早い復帰に向け治療に専念させて頂くことに致しました」と報告した。

 24日(東京プリンスホテル)と25日(大阪・リーガロイヤルホテル)に予定されていたクリスマスディナーショーなど年内の仕事はすべてキャンセルとなる。

 西城は03年にも、ディナーショーで訪れた韓国で脳梗塞を発症していた。(11年12月21日掲載)