お笑いコンビ「浅草キッド」の水道橋博士(56)が過労による体調不良で休養することが9日、分かった。

 博士はTOKYO MX「バラいろダンディ オトナの夜のワイドショー!」(月〜金曜・後9時)など4本のレギュラー番組だけでなく、今年に入ってゲストでの番組出演が急増。「週刊文春」など多くの雑誌連載も抱え、5月には自らプロデュースする雑貨店を都内にオープンするなど多忙な毎日を送っていた。3月に師匠のビートたけし(71)の所属事務所からの独立騒動が起きた際には、たけし軍団のメンバーとして報道陣の取材に応じていた。

 事務所関係者は「過労と蓄積疲労ということで、ご家族から連絡がありました。倒れたわけではなく、入院もしていません」と説明。現在は自宅で静養している模様だ。

 事務所側から7日に各テレビ局など関係先に当面の出演を見合わせる趣旨の連絡をしたとみられる。期限を区切ったものではなく、現状では復帰時期は未定。9日に生出演を予定していた「バラいろ―」にも出演しない。

 今月に入ってから博士のブログやツイッターの更新が滞っており、相方の玉袋筋太郎(51)もツイッターで「相棒がああなってしまった。こうなった以上、自力でやるしかねぇよ! 帰ってこいよ〜!」と投稿していた。