俳優の佐藤二朗(50)が来年4月期のテレビ東京系連続ドラマ「浦安鉄筋家族」(金曜・深夜0時12分)に主演することが1日、分かった。佐藤の連ドラ主演は2013年の同局系「めしばな刑事タチバナ」以来7年ぶりだ。

 原作は少年チャンピオンで1993年から連載され、コミックもシリーズ累計87巻が出版されている人気ギャグ漫画。エログロ満載の過激な作風で知られ、キャスト未定でドラマ化が発表された際も「どうやって…」とファンの間で話題になった。

 佐藤は、日々ドンチャン騒ぎの大沢木家の大黒柱・大鉄を演じる。かつてコメディー風のドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズでブレイクするなど、同局系のギャグ作品との相性は抜群。「大人気漫画が原作ということで、俺が主演でエエんかな」と心配しながらも「大鉄は『とにかく超テキトーでだらしがない』人。これはもう、役作りは不要。何なら演じることも不要」と早くもシンパシーを感じている様子だ。原作者の浜岡賢次氏も「汚いドラマになったらゴメンなさい」と早くも“謝罪”している。