俳優の窪田正孝(31)が15日、主演映画「初恋」(28日公開、三池崇史監督)の舞台となった東京・歌舞伎町の新宿区役所前でゴミ拾いを行った。

 映画では負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫し、人生の歯車を狂わせるプロボクサーを演じる。この日は、三池崇史監督(59)や新宿区の吉住健一区長(47)らと約60人で路上を清掃した。

 報道陣から「自分の身の回りできれいにしたのものは?」と聞かれると「携帯電話の中身ですね。高校の頃から変わっていないので疎遠になった人もいるし」と回答。三池監督から「でも友達少ないでしょ」と指摘されると「本気でやるとみんないなくなりますね」と悩ましげだった。