1日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)に、タレントのSHELLYが出演した。

 昨年、離婚したSHELLYは、子どもたちを田舎で育てたいということから、新型コロナでのステイホームをきっかけに千葉県に引っ越し。庭のある昔ながらの一軒家で暮らしている。

 自宅では裏庭にSHELLYの父が中心となってDIYで作ったウッドデッキがあり、家庭菜園ではトマト、枝豆、シソ、ミントなどが育てられていた。長女がトマトを収穫しながら「保育園の先生にプレゼントする。いつもお世話になってるから」と話す様子も紹介された。

 これを見た見たMCの久本雅美は「ほんと豊かな生活」と称賛。お笑いタレントのいとうあさこも「最高〜」とつぶやいた。

 しかし、一方で田舎暮らしならではの苦労も。SHELLYは「懐かしいひといるんじゃない?」と言って、和室の中にぶらさがるある物を指さし「ハエ取り紙〜芸能人のおうちにハエ取り紙〜」。それは、今は都心ではほとんど見かけない、粘着紙でハエをキャッチする“昭和”を感じさせる道具で「これが私の現実です」と苦笑した。

 久本は「わざわざ買って付けたの?」と驚いていた。

 SHELLYは2014年にテレビ番組制作会社に勤務する男性と結婚し、19年に離婚。16年1月に長女、18年1月に次女が誕生している。