17日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)に、俳優・竜星涼(27)がゲスト出演した。

 スーパー戦隊シリーズ「獣電戦隊キョウリュウジャー」のキョウリュウレッド役でテレビドラマ初主演した竜星は183センチの長身。スタイルの良さを生かし、モデルとして世界的コレクションに参加する顔も持つ。

 参加のきっかけは、好きなブランドの店でモデルのオーディションがあることを知り、「自腹でパリにオーディションを受けにいった」こと。その結果、未経験ながら見事合格、2016年にパリコレデビューを果たした。

 「母親もファッションが好きだったので、母の夢を一緒にかなえたといいますか」と話し、世界的人気モデル、ナオミ・キャンベルと一緒に写した写真を披露した。

 MCの久本雅美(62)から「洋服代がバカにならないでしょ?」と問われると、「そのために働いてるんで。それが趣味なんで」と答え、「カバンはレディースのしか持たないんです。レディースの方が色が豊富なんですよ」とこだわりの一端を告白。サングラスは100本以上をコレクションしているという。

 さらに「ミートソースが食べたいなと思ってお店に入っても、そういう日に限って白いシャツとか着てて、これ付くな…って思っちゃうと、我慢して違うのにしようってなります」と“ファッション第一”のポリシーを明かした。